台北101の行き方 | 撮影スポット | ものしり | 101リンク
台北101フォト | ユニバーサルデザイン

台北101とは、台北国際金融センターで、台湾の台北市信義区にある超高層ビルのことです。高さ508メートルで地上101階の高層ビルです。
このビルは7年間の工期を経て、2004の秋に世界一の超高層建築物として竣工したそうです。設計は李祖原建築事務所、施工は熊谷組を中心としたJVにより行われ、地震や台風の多い台湾だけに、防震対策や暴風対策に力をいれた設計になっているそうです。

2005年3月現在

 
台北101の行き方
 

 台北101に行ってみましょう。
まず、台北捷運地下鉄(MRT)に乗って右図のごらんのように、「市政府」駅に降ります。

改札口の出口「D2」を出ます。

 写真:「市政府」駅のD2出口

無料の台北101行きの送迎バス乗り場があります。
このバスに乗って約5分くらいで、台北101の入り口に着くそうです。
 少し遠いですが、いい天気であれば、駅から台北101までゆっくりと散歩するとよいでしょう。
右の写真のごらんのとおり、青い点線に沿って歩きます。
将来、台北101ビルの地下には地下鉄の駅ができるそうです。
 写真:ひとつの上の写真の右上@スポット にて撮影
午前中(朝8時から10時頃)、「市政府」駅に降りて、左回り(東方面・緑色の点線)に歩くのをおすすめします。「市政府」駅>三越>映画館>台北101すぐそばにある公園>入り口ルートで 30分位歩きます。太陽が東の方からあたるので、台北101が写真のようにきれいに見えます。
 写真:台北101の説するショッピングモールの正面入り口
ショッピングモールには、書籍、各種高級ファッションブランドの専門店、レストランがあります。
 写真:ショッピングモール内の1階から眺める。
 写真:4階・シティスクエア広場
写真のごらんのとおり、台北101の本体の端が見えて、デザインが素晴らしい。
お買い物の休憩や、待ち合わせもOKで、美味しいな食事が楽しめます。コーヒーショップもあります。
レストラン:
イタリアンレストラン「ダイアモンドトニーズビストロ」
タイ料理「晶湯匙」
上海料理「九如」
四川料理「IR China」
和風居酒屋「麻布茶房」
があります。

 
 写真:5階のフロアから眺める。
東京国際フォーラムのように、巨大な空間があり、素晴らしいフロアです。
5階に上がり、展望台行きのチケット売り場に着きます。
ショッピングモールの入り口からチケット売り場までの案内がとてもわかりやすくスムーズです。歩いて5分位。
 写真:展望台行きチケット売り場の入り口 (5階)
2005年3月1日、展望台グランドオープンされたばかり。

展望台の営業時間:10:00〜23:00
但し、展望台入場券販売は、22時の回で定員次第終了します。
 写真:展望台入場料の表示版
入場券チケットは、1時間毎の定員制で507名限定のシステムで、あまり混雑はなく、並び方も良くて快適です。
チケット料
 大人350台湾ドル (日本円で約1200円位)
 中人320台湾ドル
 小人300台湾ドル
身体障害者をお持ちの方は、日本人でも身体障害者手帳を提示すれば、30台湾ドル割引で320台湾ドルで買えます。

 
 写真:チケット売り場の風景 (5階)
 写真:展望台行きのエレベーター乗り場フロア (5階)
 写真:エレベーター内の階数電光板
展望台行きのエレベータは東芝製で、毎分千メートルの速さで上昇できるように設計されていて、この速度はそれまで横浜ランドマークタワーのエレベータが持っていた記録を更新し、世界最速としてギネスブックに認定されたばかり。
展望台89階まであっという40秒で到達します。
上昇するような感覚があまりなく静かで振れも全くなく、すごい技術です。
 写真:世界一最高層ビル508メートル・ギネスブック認定
エレベーターを降りてすぐに、右側の壁の後ろにあります。
 写真:展望台フロア (89階)
大変広くて動きやすいです。
ゆっくりと展望が楽しめます。
建築の開設の音声ガイドサービスもあります。カウンター受付で入場券を提示すれば、音声ガイドが受けられます。(英語、日本語、中国語、韓国語)
聴覚障害者のための中国語や英語テキスト文も用意してあります。
 写真:鉄の玉 (89階)
展望台の中央に据えられている世界一大きな鉄の玉がありますので、見逃さないように。
目が飛ぶほど直径が7メートルのデカイ金色をした玉がぶら下がっています。
これは、このビルを地震や強風から守るための防震システムです。
コメント
 台北101旅行記

2005年3月20日、世界一の超高層建築物の台北101に行ってきた。
朝早く、台北捷運地下鉄(MRT)に乗って「市政府」駅に降り、出口D2を出た。そこで無料の送迎バスがでているのでこのバスに乗って約5分くらいで台北101の入り口に着くそうですが、いい天気だったので駅から台北101までゆっくりと歩いてみた。
歩いてみたら台北101が見えてすごいデカイ!興奮!
ブルー色をした全面ガラス張りの近代的建築で美しい。この輪郭は竹をイメージ化したような感じで27階から89階にかけて逆台形をした8階分を一節として8つの節が縦に積み重なっていた。素晴らしいデザインだなぁ。
いろんなスポットでたくさん写真を撮りながら1時間位歩き、ショッピングモールの入り口に着いた。
幸い今年の2005年3月1日、展望台のグランドオープンされたばかりで、展望台まで上ることができた。
ショッピングモールも東京国際フォーラムのような巨大な空間があり、素晴らしいフロア。
それから5階に上がり、展望台行きのチケット売り場に。案内が非常にわかりやすくスムーズ。
チケットは、1時間ごとの定員制で507名限定のシステムで、あまり混雑はなく、並び方も良くて快適。10時から開始ですが、9時30分着いたとき、定員の残りがあったので10時回のチケットがとれた。
そして10時になり、いよいよエレベーターに乗り込む。
わくわくしながら展望台のある89階まであっという40秒で到達。
上昇するような感覚があまりなく静かで振れも全くなかったので、すごい技術だと感じた。
89階を降りたらパーと広がった気分で広いフロアをトキドキしながら窓側のほうに向かい、生まれ初めての最高所にあるすごいパノラマ!雲の上にいるような感じ。
遠くの山々も見えて、下を見ても人や車も小さすぎて見えないほど迫力のある展望だった。
1時間位ゆっくりと展望しながら、展望台の中央に据えられている世界一大きな鉄の玉があるそうでさっそくみてきた。目が飛んだほど直径が7メートルのデカイ金色をした玉がぶら下がっていた。ここで大地震が起こったときにどのような動きをするだろうか、予想できない。



台北101の行き方 | 撮影スポット | ものしり | 101リンク
台北101フォト | ユニバーサルデザイン
台北101についてのお問い合わせ

All rights reserved, Copyright (c) 2005 Tommy Zion